お知らせ

お知らせ一覧

COMMONだからできること

0歳からの徹底した食育は、カマンだけ。

カマンの子ども達は、毎日自分たちでランチを作っています。
給食室で調理されるのではなく、業者から運ばれてきたものでもありません。

0歳の子どもたちも野菜をちぎったりして食材に触れることで、自分たちも食事を作る作業にかかわります。
そうして同じ空間で、信頼のおける友達や先生によって調理されている気配 = 調理される音や匂いを感じることで、
出来上がった料理に安心感を持ち、“愛情” と “栄養”をいただいているのです。
また、料理が出来上がる過程を知ることは、待つことがわかり、人を思いやる気持ちにもつながります。

「0歳だからまだ…」ではなく、『0歳の今だからこそ』、
触れて・考えて・発見する楽しみを感じながら、日々の成功体験を積み重ねることが非常に重要なのです。

カマンで自分の食事を料理するこどもたち カマンで自分の食事を料理するこどもたち カマンで自分の食事を料理するこどもたち

この様な本物体験を日々繰り返すことは、ご家庭ではなかなか難しいことかと思います。
だからこそ、カマンでは子どもたちが最初に出会う基礎体験に、本物の環境を整えているのです。

カマンの食育の様子 カマンの食育の様子 カマンの食育の様子

子どもが、一生を豊かに過ごすために親ができること。それは、本物体験ができるカマンを選ぶこと。

カマンでは、幼児教育のプロフェッショナルたちが、ひとりひとりの子どもに手厚く寄り添い導きます。
丁寧に一人ずつ ゆったり向き合う時間の経験は、子どもの心を落ち着かせ 自主性を育てていきます。
小さな子どもでも自分で失敗に気づくことができ、
それらを日々繰り返すことによって成功や達成感を味わい、子どもの自信へとつながります。

カマンの食育により、脳の活性化(五感)・しつけ・達成感・意欲を自然と学んだ子ども達は
『食べることによって得た栄養』と『心の栄養』がミックスされ
歌ったり、走ったり、描いたり、遊んだり…その時その時に向かっていく積極性が培われていきます。
こうして興味をもったことに貪欲に追及し、学び、チャレンジするようになるのです。
この『意欲の基礎を育むこと』が カマンの食育の目的 なのです。

食育レッスンの様子も見る

Follow @common.syokuiku on Instagram